So-net無料ブログ作成
検索選択

外壁塗装・屋根塗装の無料一括見積もり【外壁塗装の駆け込み寺】
外壁塗装 ブログトップ
前の5件 | -

外壁 シーリング [外壁塗装]

今日は外壁塗装に使うシーリングについて調べてみました。
我が家の塗装工事の時の参考になるようにメモしておこうと思います♪

シーリングはコーキングとも呼ばれますね。
サイディングとサイディングのスキマ部分に流し込む材料です。

街中で色んな建物の外壁のつなぎめ部分を見るのですが。
シーリングも元々は真っ白なのです。
それが経年の劣化で真っ黒に・・・。
というのはもはや仕方が無いことなのかなーと思っています。

もっと劣化するとひび割れして防水効果がダウン。
建物を傷めないためにも早急に張り替えが必要というのは勉強済みです。

リフォームの場合は、古くなったシーリングを剥がす作業から。
そしてプライマーという接着剤のようなものを塗っていきます。
その後でシーリング材を注ぎ込んでいき、余分なシーリングを除去。
キレイにならすというのが作業の工程だそうですね。

品質にばらつきがあり、本で読んだ知識ではノンブリードというタイプ。
このようなシーリングを使うと劣化が遅くなるそうでした。

シーリング自体の品質が良いものを使うと長持ちします。
伸縮性が高くて、天候の変化に強く、汚れにくくて、ひび割れしない。
そんなシーリングもたくさんお金さえ払えば採用できるようです。

しかし、本来防水の役目としてシーリングに頼るのは良くない!という意見もあります。
メンテナンスフリーという外壁は存在しないというのは勉強しました。
そういう甘い言葉で誘う悪徳業者がいることも。。。

それならば、なるべくシーリングを使わないような外壁リフォームは可能なのかな?
と調べてみたらありますね色々と。

窯業系のサイディングの施工で多く使われるシーリング。
なので窯業系以外の工法。

例えば、タイルや塗り壁、ガルバリウム鋼板などシーリングレスの工法など。
費用は高くついてしまいますが、家を長持ちさせる点では一つの答えなのかも。

そもそも、新築する時に外壁選びにも金額以外でメリット・デメリットがある。
というのをしっかり理解しておくべきだったなーと思いました。

だけど新築の予算とか全部を理想的にすると家が豪華すぎる・・・。
ちょっと予算オーバーしてるぞ・・・ということになった経緯もありますし。

メンテナンスのことを知っていても予算的に採用できなかったかもしれませんね。
nice!(0) 
共通テーマ:住宅

クリーンマイルドシリコン [外壁塗装]

今日は人気のシリコン系塗料の中から、評価の高い塗料の一つ。
「クリーンマイルドシリコン」の特徴についてチェックしてみました。

結論から言うと、選ばれる理由として納得の塗料でした♪

自宅の外壁に使う塗料として、知っておいた方が良さそうな点に絞って調べています。

クリーンマイルドシリコンは、エスケー化研株式会社の塗料です。

【耐久性】
12~15年

塗料シンナーを使って希釈する2液型塗料なので性能が良い。
2液型は密着性が高くてしっかりと外壁に付いて塗膜がしっかり。
1液型と比べて職人さんにとって手間はかかる。

【近所へのニオイの配慮】
弱溶剤で希釈する塗料なのでニオイは少なめ。
一般的に良く使われているのが弱溶剤なのだとか。

強溶剤の塗料はラッカーシンナーの強いニオイがクレームの元になるそうです。

【汚れの付きにくさ】
メーカーのHPに汎用塗料と比べた写真がありました。
汚れは付きにくいという実験結果でした。
(6か月暴露後の表面状態:雨筋汚染試験による)

【費用】
1液型の塗料よりも設計価格は1割増くらいの見込み。
これは2液型の塗料をかきまぜる手間があることでしょうね。
そして、耐用年数が3年くらい長くなるというメリットもあるようです。

nice!(1) 
共通テーマ:住宅

外壁塗装 相場 [外壁塗装]

外壁塗装の費用を新聞折り込みの広告で発見しました!

先週と今週で2社の広告から相場的なものが分かるか?調べてみました。
坪数で計算したA社、平米で計算したB社。
比較の為に平米単価で統一して価格を比較しました。

ウレタン塗装
A社 30坪で   46.8万円~ (平米単価4,727円)
B社 150平米で 58.8万円~ (平米単価3,920円)

シリコン塗装
A社 30坪で   49.8万円~ (平米単価5,030円)
B社 150平米で 73.8万円~ (平米単価4,920円)

フッ素樹脂塗装
A社 30坪で   57.8万円~ (平米単価5,838円)
B社 150平米で 91.5万円~ (平米単価6,100円)

A社の工事内容
仮設足場、高圧洗浄、破風塗装、軒天塗装(下塗り、中塗り、上塗り)

B社の工事内容
塗料、塗装工事、仮設足場、バイオテクノ洗浄、3年保証、工事保証、アフターフォロー

サービスの内容が違うため、単純に金額だけを比較することは難しいようです。
工事の内訳を見積もり取得し、複数社を比較しないと相場として使える金額は分からない。
そんな結論に至りました。

実際に我が家が広告と同じように最低金額で工事できるかは調査してもらわないと曖昧なままです。
外壁塗装工事を始める前に、一括で複数社の見積もりを取得できるサイトがあります↓

外壁塗装・屋根塗装の無料一括見積もり

信頼できる業者のみ厳選した中から地域の塗装屋さんを紹介。
一括で複数社の見積もり取得が可能なので、相場のチェックに役立ちます(・∀・)b
タグ:塗装 費用 相場
nice!(0) 
共通テーマ:住宅

外壁塗装 東京 [外壁塗装]

東京に住んでいる友達が外壁の塗装をしたそうです。
ちょうど僕も外壁について調べているところなので参考に話を聞いてみました。

友達の家は都内にある一軒家です。
外壁はサイディングで父親が建てた12年前の修繕が最後だそうです。

仕事で忙しくてメンテナンスが出来ていなかったので、やってみようということでした。

最初に見積もりを近所の塗装屋さんから取得したそうです。
しかし、見積もりの内容が良くわからなかったのでネットで調べたそうです。

見積つもりは、塗装の種類と面積だけでなく、工事費も含めるのが良心的なお店なのだとか。
塗料によって施工方法が変わるので、言われてみれば確かにそうかも?

業者さんの言い分としては、現場によって判断することがあるので仕方ないのだそうで。

結局のところ、東京や神奈川で実績のたくさんある「プロタイムズ総研」
というお店を友達は使うことにしたそうです。



見積を作成する時に、外装修繕の専門資格を持った二人が来て現地調査。
さらに図面で必要な塗料を面積で計算したり、不明な点の説明もしっかりと。

そんなイメージだったそうですね。
さすがに実績が多いだけあって、スムーズだったんだとか?

一番の決め手は、とことんコミュニケーションを図ろうという意欲。
そして、仕事をきっちり(やってみないと分かりませんが)な雰囲気だったとか。

友達は感情で選ぶタイプではないですけどね。
僕もネットのお客様の声を見てたので、雰囲気的に間違いなさそうです。

クリックして仕事ぶりをチェックしてみてください↓
職人がここまでやります屋根・外壁塗装【プロタイムズ総合研究所】

nice!(0) 
共通テーマ:住宅

外壁 塗料 [外壁塗装]

外壁塗装を検討中です。
今日は外壁に使用する塗料について調べて分かったことを書いていきます。

2017年時点で良く使われている人気の塗料が2種類ありました。

・ラジカル
・シリコン

そして、一昔前まで使われていた塗料。

・モルタル

それぞれの特徴があるので塗料選びの参考になれば幸いです。

■ラジカル塗料とは
ペンキを塗った時に酸素や日光に当たることで、ラジカルという劣化が発生。
それを抑えるための抗ラジカル処理をした塗料のことを言うそうです。
まだ開発されて2年程度の新しい塗料なのだとか。
塗膜の耐久性が増して、汚れが付着しにくくコケやカビの心配が少ない。
さらに塗膜の寿命は15年という長い品質保持期間が魅力で人気急上昇中。
しかし、新しいだけに知識を伴う職人さんが少ないので、いい加減な施工に注意。

■シリコン塗料とは
主成分は合成樹脂なのですが、それをシリコン系のものを使った塗料。
3種類あって、水性・油性(溶液1液型)・油性(溶液2液型)があります。
塗料を使う時に水で溶かすか、シンナーなどで溶かすかの違いだそうです。
溶液の違いは、2液型の方が品質が良くてコストがかかるのだとか。
現在人気ナンバーワンの塗料で耐用年数(10~13年)が長くコスパ良し。
シリコン系塗料の中でも質がバラバラな点、次回の再塗装がしにくいことに注意。

■モルタル外壁とは
昔から使われていた外壁で現在はヒビ割れなどを砂骨ローラーを使って補修するそうです。
その際は下地も補修するのが一般的なのだとか。
風通しによってはコケが生え、ヒビ割れは良い塗料を塗っても発生してしまうことに注意。

以上のような特徴がありました。
今のところ僕の家の場合、コストはかかってもラジカルかな?という印象です。
これで塗料選びは決まりそうです。
nice!(0) 
共通テーマ:住宅
前の5件 | - 外壁塗装 ブログトップ